展示会

イベントや展示会でノベルティを配布する際に、心得ておきたいアイテム選びのポイントや、受け取り手に喜ばれる定番アイテムをご紹介します。

展示会で喜ばれるノベルティとは?

展示会で配るノベルティは、自社や団体名、新しい商品を知ってもらうため、ブースに興味を向けるための手段です。ノベルティを渡したからといって、商談や成約に結び付くものではないので、心得ておきましょう。ただし、一定の時間が過ぎてノベルティを見たときに、会社や商品のことを思い出してもらい「問い合わせてみようかな」という気持ちになるかもしれません。ですから、日ごろから使う、実用性のあるアイテムを選ぶのが良いでしょう。 

クリアファイル

書類の整理に、クリアファイルはいくつあっても困らないもの。持ち帰る手間もなく、もらった後も日常的に使ってもらえる可能性が高いので、販促力は抜群です。また、クリアファイルはデザインの自由度が高く、レイアウトやデザイン次第では想像以上の販促効果をもたらすこともあります。

名入れふせん

日々のデスクワークに欠かせないふせんも消耗品となるため、もらって嬉しいグッズのひとつです。企業名の名入れも容易で、訴求力の高さも魅力です。電話の内容を書き留めたり、備忘録として目立つところに貼ったり、使う機会も多いので重宝されるはずです。ふせん自体にロゴを入れることも可能なので、利用者以外の人が目にしたときに、社名を知ってもらえる機会にもなります。

オリジナルトートバッグ(エコバッグ)

自社のパンフレットやサンプルをトートバッグに入れて配布すれば、持ち帰りの負担も軽減されます。安価で大量生産できる不織布なら1枚20円台から作成できますし、コストパフォーマンスも◎。予算が限られているなか、費用を抑えて多くの人にばらまきたい時にはぴったりです。

フリクションペン

ボールペンは消耗品なのでいくつあっても困らず、出番も多いので展示会のノベルティとしては定番中の定番です。最近喜ばれるのは、消せる機能が付いたフリクションペンです。通常のボールペンよりも値は張りますが、受け取った時によりありがたみを感じてもらえるはずです。

楽ちん検索で見つける!

おすすめ販促ノベルティ

早速、検索してみる!