記念品

 企業や団体の周年記念等で喜ばれるノベルティグッズを集めてご紹介します。また、記念品選びのポイントも解説します。

企業の創立記念・周年記念の記念品で喜ばれるものとは?

企業の10周年、20周年といった記念の年に配布する記念品。近年は、記念品を廃止する企業も一部でみられますが、取引先やお客様、ビジネスパートナーへの記念品を贈る習慣を大切にしている会社はまだまだあります。記念品は、企業の歩みや理念を印象付けられるような、長く安心して使える物を選ぶ方法と、お祝い事として華やかな演出を施したものを選ぶ方法、取引先やお客様に改めて感謝の気持ちを伝えるために、普段使いするものに少し高級感のある素材を取り入れるなど、目的や期待したい効果によって選ぶ商品もかわってきます。いずれにしても、記念品は、信頼関係の強化や連帯感向上、社員のモチベーションアップなど、さまざまな効果がきたいできます。「今後も、長く付き合っていきたいな」と、思ってもらえるようなアイテム選びが大切です。

名入れボールペン

低予算で多くの人に記念品を贈りたい時は、安価で製作できて、もらって嬉しい、名入れボールペンがおすすめ。記念品なので、できれば高級感のある素材を選びたいところですが、オーソドックスなボールペンでも十分喜んでもらえます。ワンランク上の記念品を贈るのであれば、木目やメタリック素材を取り入れたボールペンで重厚感を出すのも良いでしょう。レーザー彫刻をするとさらに高級感がアップします。

オリジナルタオル

日頃から安心して使える物を贈るのであれば、素材にこだわった高級仕様のタオルも適しています。肌に触れるものなので親近感がわきますし、使う度に会社の存在を思い出してもらえるというメリットもあります。

オリジナルマグカップ

社員向けの記念品としておすすめしたいのがマグカップです。仕事のブレイクタイムに必要不可欠なマグカップなら普段使いできますし、社員同士がお揃いで使うことで連帯意識も自然と高まるはずです。

インパクトのあるアイテム

物として残るものではなく、印象に残るものとして、ユニークな記念品を贈るのもひとつの手です。例えば、名入れどら焼きは、もらった時にインパクト大。「面白いものを作ったね~」と喜んでもらえることでしょう。

>>変わり種の面白いノベルティグッズ一覧を見る

楽ちん検索で見つける!

おすすめ販促ノベルティ

早速、検索してみる!